2015年11月11日

13,無資格マッサージ - 根拠のない効果・効能に惑わされない知恵が必要

私たちは法律により様々な規制と義務を課せられており、治療を対象とした具体的な病名を示して効果を広告したり、鍼灸マッサージ師としての経歴を広告したり、○○式マッサージとか、○○流派などと看板や広告に掲載する事や、料金を看板やウィンドウに表示する事も禁じられております。

無免許の民間手技療法業者は、平然と治療対象としての病名や効果・効能を掲げております。症状によっては手技療法が、禁忌(悪化させる)とする場合もございますので、特に持病をお持ちの方は注意が必要です。

病名を羅列して、あたかも治るかのような誇大広告に惑わされず、医師や国家資格者の判断を仰ぎ、適切な治療を受けられます様お勧めいたします。


最終編集日:2015/11/11:オリエンタル 院長
【無免許マッサージ問題の最新記事】
posted by オリエンタル院長 at 22:41| 無免許マッサージ問題