2015年11月11日

04,無資格マッサージ - あん摩 マッサージ 指圧師が整体、カイロプラクティック、つぼ療法、リフレクソロジー、リラクゼーション、エステ等の民間スクールを批判する理由

私たちは決して民間スクールの存在自体を否定するつもりはありません。あん摩マッサージ指圧の専門学校で学ぶ基本手技とは違う、オリジナルな手法をプロフェッショナルのレベルまで導いてくれる所は必要なことです。

しかしそこで学ぶべき者は、あん摩マッサージ指圧師免許などの法律に基づいて施術が許されている者が、自らのスキルアップの為に存在すべき場所でなければなりません。
公共の福祉に反しないよう、基礎医学知識を国から認められ、義務と責任を課せられている者なのですから、改めて民間スクールで基礎医学を学ぶ必要も無いのです。

私たちが民間の整体・カイロプラクティック・リフレクソロジーなどのスクールを批判するのは、最高裁から合憲だと判決されている、禁止法律があるにも関わらず、その手技の危険性が何ら検証される事も無く、安全性の立証も無いまま、法律に基づかない無免許施術者を養成し、開業県を与えているからです。

そしてその無免許者がまた個人スクールを開いて、さらに無免許施術者を作り出すという、負のスパイラルの元凶となっているからです。

「県知事認可」とか、「厚生労働大臣認可」とか、「内閣府認可」とか、あたかもスクールやその手技が、公的に認可されているかのように表示していても、決してそのスクールや手技を認可しているのではありません。

その協会・組合・NPOを団体組織として認可しているだけであって、意図的に何を認可しているのか表示していない所もありますので、「認定証」「修了証」の発行を受けても、法律上何の身分も権限も与えられていない資格ですから、誤解しない様にしましょう。

法律上、独立して認められていない手技に、○○専門学校や○○スクールでは学校法人として認可されません。
ですから○○協会・○○組合やNPO法人を立ち上げ、その協会や組合・NPO法人を学校・スクールとして自分たちが勝手に認定し、いかにも国からそのスクール・手技が認められているかのように装っているだけなのです。

又、療術院やリラクゼーション店の存在を否定しているのではありません。よくリラクゼーション店に、本物のプロのあん摩マッサージ指圧師が勤務して、リラクゼーションをやっていると茶化しているブログを見かけたりしますが、それこそ本末転倒な話であって、それが本来あるべき姿なのです。


最終編集日:2015/11/11:オリエンタル 院長
【無免許マッサージ問題の最新記事】
posted by オリエンタル院長 at 23:35| 無免許マッサージ問題