2019年03月23日

景品表示法違反(優良誤認)

どうもどうも、五所川原市 リフレッシュ治療院のオリエンタル院長で〜す♪

最近消費者庁や自治体は、「不当景品類及び不当表示防止法」違反(優良誤認)に力を入れているようですね。

昨日も、着るだけで圧力によって体が痩せる、筋肉がつくと謳う男性向けの「加圧シャツ」の広告が、科学的根拠がない、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止命令を出しておりました。

そして今度は「痩せるお茶」に対して、景品表示法違反(優良誤認)で課徴金の納付を命じたようです。

「痩せるお茶」根拠なし - 産経ニュース

課徴金の対象期間だけで約4億3千万円の売上があったらしいですが、仮に半分を経費に見積ったとしても、課徴金1,313万円の納付では、売ったもん勝ちで痛くもかゆくもないでしょう。

やはり、キャッチフレーズを信じて買った消費者は、民事訴訟も考えた方がいいんじゃないですかねぇ。

さてさて手技業界は、消費者庁には処罰対象の宝庫でしょうね(笑)。。☆

posted by オリエンタル院長 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック