2016年01月17日

規制緩和の落し穴

どうもどうも、啓蒙 | 無資格マッサージ | 肩こり | 腰痛 | 五所川原市リフレッシュ治療院の鍼灸師 ・ あん摩 マッサージ 指圧師のオリエンタル院長です。

今日で阪神大震災から21年ですね。震災で亡くなられた方々、及びスキーバス事故で亡くなられた方々のご冥福を、先ずはお祈り申し上げます。
小泉政権時代、規制改革が掲げられ久しいですが、規制改革 = 進化で暮らしが豊になったのでしょうか?

長野県軽井沢町で14人が死亡したバス転落事故では、国が定める基準を下回る運賃を旅行会社から提案され、基準運賃より8万円下回っている19万円で請け負っていたとの事です。

これは小泉政権の規制緩和で、運送会社が急激に増え、過当競争の戦国時代に突入し、旅行会社の無理な求めに応じなければ、運送会社は仕事がもらえないパワハラが一因でもある事故だと思います。

もちろん事故を起こした運送会社の法令を守らない管理体制が発覚したり、運送会社に重大な責任があるのは当然ですが、単に運送会社の責任だけでは根本的な解決にはならず、制度自体を見直さなければ今後も起こり得る事故です。

【軽井沢スキーバス転落】「雪が少ないので低運賃で」 基準額下回る運賃 キース社がトラベル社に提案か

又、法令があってもチェック体制が整っていなければ意味がありません。性善説など通用しない社会なのですから。規制緩和であまりにも数が増え、きちんとチェック機能が対応出来ていないのが実態でしょう。

そう言えば、小泉政権の規制改革と重なり合うように、手技療法の業界も「リラクゼーション」「ボディケア」「もみほぐし」「手もみ」などと言った、名称まやかしの無資格マッサージが急激に増えてきたのもこの頃からであり、健康被害が増加してきたのです。

今日ご来院いただいたお客様が、市内にある家族だけで営んでいる昔からの小さな○○食堂が閉店してしまい、時代の流れとはいえ個人事業の店がなくなるのは残念だなと言っておりました。

近くにはイトーヨーカドーや新しいお店が次々と増え、経営が厳しくなったのだと思います。

オリエンタル院長が子供の頃は、個人経営のお店が主流の地域社会でしたが、テレビは○○君のお店から、ラーメンは○○さんのお店で食べるとか、地域の繋がりで経済も回っておりました。
今でもまだそういう繋がりはありますが、大規模店が主流となった今では希薄になってきたように感じます。

何でも規制緩和と言えば良い事のように思われますが、力のある企業に弱小企業が、法令に背いてまで受け入れなければならないような規制緩和では、決して豊かな社会とは言えません。

posted by オリエンタル院長 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS

2016年01月15日

ココイチ異物混入カツの横流しをぼやく

どうもどうも、啓蒙 | 無資格マッサージ | 肩こり 腰痛 | 五所川原市リフレッシュ治療院の鍼灸師 ・ あん摩 マッサージ 指圧師のオリエンタル院長です。

新年が明けて半月経ちましたが、毎日いろいろボヤキたいニュースが報じられますね。

いろいろあり過ぎて、何を取り上げたら良いか迷ってしまいますが、今回オリエンタル院長が見逃すわけにはいかないのが、カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされ、スーパーに出回っていた問題です。

http://www.sankei.com/west/news/160115/wst1601150068-n1.html

こんな事をされたら、わけあり商品を愛するオリエンタル院長としては、疑心暗鬼になってしまうではないですか!
それが身近なスーパーで売られているなんて! 日本人のモラルもどこぞの国を笑っていられないですね。

ちょっと形が不揃いとか、大きさが不揃いだとかのわけありなら許せるけど…異物混入でわけありなんてシャレにならんぜよ!

産廃業者と仲介業者が、お互い罪のなすり合いをしておりますが、箱を入れ替えたり意図的な工作もしており、産廃業者〜スーパーまで横流しルートに関わっている全てが結託しての事としか思えません。
療養費の不正請求同様、チェック体制の見直しが必要です。

posted by オリエンタル院長 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS

2015年12月16日

「夫婦同姓の規定」「女性の再婚禁止期間」の最高裁判決と無免許医業類似行為の合理性

どうもどうも、啓蒙 - 無資格マッサージ | 肩こり 腰痛 | 五所川原市リフレッシュ治療院の鍼灸師・あん摩 マッサージ 指圧師のオリエンタル院長です。

本日、夫婦同姓の規定と、女性のみに再婚禁止期間(6ヵ月)を定めた規定が、憲法に反するかを問われた2件の訴訟の上告審判決が、最高裁大法廷でありました。

夫婦同姓の規定は合憲で、女性の再婚禁止期間(6ヵ月)を定めた規定は違憲との判決でした。

女性の再婚禁止期間(6ヵ月)を定めた規定は、違憲との判決を聞いて、生物学的考慮がなされていないと思いましたが、100日の禁止期間は合憲との見解なので、3ヵ月あれば妊娠の有無は分かるので妥当な判決だと思います。
しかし、これからは「大沢樹生・喜多嶋舞」騒動のような事が多くなるのではないかと危惧しております。

夫婦同姓の規定は、姓の持つ役割や家族という絆、生まれた時に自分でどちらを名乗るか選択出来ない、子供の事を考えると、保守的と言われるかも知れませんが、オリエンタル院長は妥当な判決だと思います。それに企業の7割は、結婚後も旧姓で仕事が続けられる状況にあると聞いておりますので、支障は無いでしょう。

最高裁は家族の在り方の観点から、夫婦同姓は合理性があると述べております。
合理性の話ついでに、あん摩マッサージ指圧が健康に害を及ぼす恐れがある業務行為として禁じている以上、実質的に同じ行為をしている無免許医業類似行為も、健康に害を及ぼす恐れがあるものと主張する我々に合理性があり、現実に健康被害が起きているのです!

そして「無免許医業類似行為を業としてはならない」と規定している、「あはき法第十二条」は合憲な法条だと最高裁は判決を降しているのです!

posted by オリエンタル院長 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS

2015年12月01日

療養費に続き、介護報酬の架空請求も後を絶たない

どうもどうも、啓蒙 - 無資格マッサージ | 肩こり 腰痛 | 五所川原市リフレッシュ治療院の鍼灸師 ・ あん摩 マッサージ 指圧師のオリエンタル院長です。

今日から師走です。今年も残り一ヶ月になりましたが、一年が短く感じるのはオリエンタル院長だけですかね?
先日、接骨院などの架空請求事件が大々的に報じられておりましたが、今度は当県むつ市の介護施設で、介護報酬の架空請求事件が報じられておりました。

介護報酬の不正請求は、青森県では9月にも黒石市の通所介護事業所と平川市の訪問介護事業所の指定の取り消し処分があったばかりで、これまでも全国的に何度も繰り返されており、これもまた医療報酬や療養費報酬と同じ構図の事件であります。

【ATV青森ニュース】
青森市の会社が運営するむつ市の介護事業所が、介護報酬を不正に請求し受給していたとして、県はきのう付けで訪問介護保険事業者などの指定を取り消しました。訪問介護事業者と介護予防訪問介護事業者としての指定を取り消されたのは、青森市のあうらが運営する、むつ市松原町のヘルパーステーションなみのこです。県によりますと、この事業所ではおととし4月から9月にかけて41人の利用者の訪問介護などの回数を水増しして申請し、介護報酬およそ18万6千円を不正に受給していました。施設側は「事務的な間違い」と主張していましたが、県が行った監査でそれを裏付けるものがなく、事業所側の故意によるものと判断したということです。このため県では、訪問介護事業と合わせ、同じ体制で行っていた介護予防訪問介護事業についてもきのう付けで指定を取り消しました。


http://www.atv.jp/news/

適正に運営している事業所にとって、このような学習能力の無い、事業所の不祥事は、全く迷惑な話だと思います。

又、法的な責任ばかりでなく、利用者にも、どれだけの迷惑をかける事になるのか、想像すらつかないのでしょうか?

得られる利益より、負うリスクの方が、気の遠くなるくらい重ければ、少しは躊躇するのではないかと思います。

介護報酬は他業種より利益率が少ないと言われておりますが、知らない間に次々と新設や増設がされており、単に従事者への利益配分率が偏っているだけで、内部留保されているだけなのでは?と疑問に感じるのは私だけでしょうか?

確かに対応出来る人数も、入ってくる報酬も限られており、他業種のように営業努力で利益が右肩上がりと言う可能性の無い職種ですから、気持ちとしては分からないでも無いですが……

しかしそれに使われているのは、私たちが納めている介護保険税だという事を、忘れてもらっては困りますね。

posted by オリエンタル院長 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS

2015年11月23日

「療養費架空請求事件」に思う

どうもどうも、啓蒙 - 無資格マッサージ | 肩こり 腰痛 | 五所川原市リフレッシュ治療院の鍼灸師・あん摩 マッサージ 指圧師のオリエンタル院長です。

産経ニュースがしつこいくらい(笑)に「療養費架空請求事件」を、繰り返し報じておりました。

【衝撃事件の核心】暴力団が国民の医療費40兆円に群がり始めた! 住吉会系の療養費架空請求事件には芸人やミュージシャンの名も…

暴力団が関わっていなくても、接骨院の不正請求は珍しい事ではありません。何でも捻挫にすり替えて、保険請求している接骨院は後を絶ちません。

肩こり・腰痛・神経痛などは、本来接骨院の業務範囲では無く、保険対象外です。しかし、それらの事が国民に周知徹底されていない為、少ない自己負担でかかれるので、安易に受けてしまうのです。
接骨院の保険適用範囲は「打撲、捻挫、脱臼、骨折」等の急性外傷だけであります。

しかし、過去に厚労省が亜急性というものも保険適用に含め、この亜急性という解釈が曲者で、いつまでが急性なのかハッキリした定義が無い為、何ヶ月もかよい続けられるのが現状です。

今現在何らかの対応策を検討中なのだと思いますが、法律に基づき、適正に業務をしている者までが、色めがねで見られないようにしていただきたいですね。又、適正な保険治療まで、阻害されない仕組を再構築する事が、国民の享受に繋がるのではと思います。

治療を受ける側も、健康保険証を提示する事がどういう事なのか、委任状に印鑑を押す事がどういう事なのか、元は保険税である事を再認識し、責任感をもっていただければと思います。

柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて |厚生労働省

接骨院の不正請求問題を、積極的に情報発信している方がおりますが、この方の問題解決方法に、私も共感出来ますのでご紹介します。


厚労省の「柔道整復師:保険請求厳格化」では…健康保険詐欺は根絶できない

先日、当院に約8ヶ月ぶりに来院なされた方がおりました。話を聞いてみると、背中が痛くなって、自宅へ遊びに来た友人から勧められ、接骨院にかよっていたそうです。

わずかな自己負担で、マッサージもしてもらえるので、これはいいなって感じでズルズルかよっていたそうです。
別に捻挫した訳でもないし、打撲した訳でもないのは自分で理解しておりましたが、普通に保険適用されていたので、何の問題もないものと思っていたそうです。

しかし、この前の架空請求の報道が、あまりにも大々的に報じられたので、自分の状況に疑問を感じて、接骨院にかようのをやめて、また当院に来たとの事でした。
そういう方たちが増えると不正請求は減ると思います。

しかし、お前さんの所がもっと安ければ……最後にダメ出しされてしまいました(笑)

posted by オリエンタル院長 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長注目記事・NEWS